カルガリーとバンフ間旅客鉄道いつまでに稼働?

 キャンモアの議会はローム公共交通機関などの自治体の交通システムに対するカルガリー-バンフ鉄道プロジェクトの影響を調べるための調査のために100,000ドルの予算を承認しました。

 クラウザート市長は、列車がキャンモアに停車する場合、既存の公共交通機関がどのような影響を受ける可能性があるかを判断できます。

 先週、バンフに本拠を置く、カルガリーとバンフ間旅客鉄道サービス「リリコンキャピタル社」は、プロジェクトが設計段階に移行し、2025年には早くも稼働する可能性があると発表しました。

 リコンキャピタル社は、ケベックに本拠を置くPlenary Americasと提携して、アルバータトランスポーテーション、インベストアルバータコーポレーション、およびカナダインフラストラクチャバンクに最新の提案を提出し、設計段階に移行しました。

 提案は、カルガリー国際空港からカルガリーのダウンタウンまで、15分ごとの急行サービスを含み、2025年までにキャンモアとバンフの山々への旅客列車サービスを提供することです。値札は15億ドルです。

 リコンキャピタル社のマネージングパートナーであるJanWaterous氏は、「(これにより)アルバータ州政府およびカナダインフラストラクチャ銀行との継続的なパートナーシップにより、プロジェクトを第4フェーズ(設計)に進め、プロジェクトを第5フェーズ(建設)の段階にも推し進めることができます。」と述べました。

 路線は、既存のカナダ太平洋鉄道貨物軌道内に建設された新しい専用旅客線で運用される予定です。この提案では、カルガリー空港、カルガリーダウンタウン、カルガリーキース、コクラン、モーリーストーニーナコダ、キャンモア、バンフの7つの駅間を高速で運行します。

 バンフ市長のDiManno氏は、バンフの町は、旅客鉄道を復活させるというこの提案の進展を見て興奮していると述べました。

彼女は、バンフは、交通渋滞の削減、温室効果ガス排出量の削減、ボウバレー労働者の通勤サービスの拡大という3つの優先事項の解決策として、カルガリーとバンフ間の便利で手頃な大量輸送を必要としていると述べました。

「人々が自家用車なしで到着し、街を歩いたり自転車で回ったりしてから、私たちの交通システムを使って公園のどこにでも行くことができれば素晴らしいでしょう」「モデル環境コミュニティを目指している町として、私たちは低炭素輸送への道をリードする水素を動力源とする列車の可能性も楽しみにしています。」と彼女はニュースリリースで述べました。