電力会社TransAlta、燃料を石炭から天然ガスへ転換

 カルガリーに本拠を置くTrans-AltaCorpは水曜日、発電を石炭から天然ガスへの計画された移行を終了したと発表しました。

 TransAltaの社長兼最高経営責任者であるクシニオリス氏はニュースリリースで、2030年までにカナダでの石炭火力発電の完全な段階的廃止を要求する連邦政府の命令よりもはるかに前に移行を達成したと述べました。

「政府の目標より9年早く、この重要なステップを完了できたことを嬉しく思います。」「私たちの石炭移行は、カナダの歴史の中で最も意味のある炭素排出削減の成果の1つです。」とクシニオリス氏は語った。

 石炭から天然ガスへの転換は、同社の現在の発電能力を維持すると同時に、二酸化炭素排出量をほぼ50パーセント削減すると同社は述べました。