日本のマクドナルドのポテト不足はカナダが原因?

 C州の洪水被害によるサプライチェーンの問題でバンクーバー港からジャガイモの出荷が大幅に遅れています。バンクーバーはマクドナルドジャパン株式会社の輸送サービスの中継点として機能しているため、北米からのジャガイモは日本に輸送できませんでした。

 米国のフレックスポート社は、フライドポテトの不足を補うために、ボーイング747でジャガイモを日本に飛ばす契約を結んだ」と同社のCEO、ライアン・ピーターセン氏は12月28日のツイートで述べました。

 Twitterユーザーの@_gyani_はこの案で日本に提供できるフライドポテトの推定数ツイートしました。「ボーイング747は約112,760kgを運ぶことができます。マクドナルドでのLサイズのフライドポテトは約154gです。約220万食分と推定されます。」