カナダの空港に世界初の空港内マリファナ店オープンか?

 アルバータ州のプリンスジョージ空港は、大麻小売店をホストする世界初の空港ターミナルになることを強く望んでいます。  共同記者会見で、プリンスジョージ空港当局(PGAA)は本日(1月7日)、「旅行用大麻の先駆者」としてCopilotという新しいビジネスパートナーを歓迎すると発表しました。

「同社は2020年の初めに、私たちの知る限り空港ターミナルに世界初の大麻小売店を開くという提案で私たちにアプローチしました」とPGAAのCEOであるデューク氏は述べています。

「ここYXSにコパイロットがいることで、他のビジネスパートナーが乗客や地域の人々に提供するサービスが強化されると強く感じています。」

 Copilotは、ライセンス申請プロセス全体を通じて連邦および州の規制当局と協力しており、これまでYXSで運用するために必要なすべてのステップを満たしています。会社は最初にプリンスジョージ市から事業許可を取得する必要があり、許可された場合、今年後半にYXSに大麻小売店がオープンする可能性があります。