ケベック州実質ワクチン接種義務化か?

 ケベック州首相フランソワ・レゴーは火曜日、州は今後数週間でCOVID-19ワクチンの初回接種を拒否するケベック人に健康税を課すと発表しました。火曜日に首相は、ワクチン未接種者に経済的に罰則を科すのは国内で初めてであると発表しました。

  レゴー氏は、支払いがいつ有効になるか、またはいくらかかるかについては述べていませんでしたが、ワクチン接種を受けるインセンティブとして機能するのに十分な額である必要があると述べました。支払いは50ドルまたは100ドル以上であると彼は付け加えました。レゴー氏は、詳細は「今後数週間で」明らかになるだろうと語りました。

「ワクチン未接種者は、私たちの医療ネットワークに非常に重要な負担をかけています」とレゴーは述べました。ケベック人の約10%はワクチン未接種のままですが、保健当局は、未接種者が病院のCOVID-19病床の約50%を占めていると述べています。集中治療室でワクチン接種を受けていないCovid患者の割合は45%です。ケベック州の住民の約12.8%だけがワクチン接種を受けていませんが、彼らはすべての病院の症例のほぼ3分の1を占めています。州最大の都市であるモントリオールの病院は、100%の収容能力に近づいており、Covidに関連しないケアをすでに制限し始めています。

 先週、州は政府の大麻や酒屋で買い物をするために予防接種の証明が必要になると発表しました。夜間外出禁止令もあり、パンデミックの2番目の夜間外出禁止令は、毎日22:00から05:00まで実行されます。火曜日には、ケベックの死者数は12,028に達しました。

 世界の中でケベック州だけが、ワクチン未摂取者に金銭的ペナルティを課そうとしている地域ではありません。ギリシャでは今月下旬から、60歳以上のワクチン接種を受けていない場合、毎月100ユーロ(85ポンド、142カナダドル、113ドル)の罰金を支払う必要があります。シンガポールでは、ワクチン接種を受けていない場合、Covid患者が自分の医療費を支払うことを要求しています。