パンデミック収束で労働者不足

カナダの失業率はパンデミック前の水準を下回り、求職者は多いが労働者を見つけるのが難しい求職者市場となっています。

カナダ統計局によると失業率は2月に5.5%に低下しました。これは、COVID-19パンデミックが始まる直前の2020年2月の5.7%以来の最低値です。

カナダの労働市場では、求人広告が急増しています。

「2月中旬にパンデミックが始まって以来、現在最も多くの新しいカナダの求人情報がIndeedに追加されました」と、Indeedの求人サイトのシニアエコノミストであるBrendonBernardは述べています。

カナダ統計局によると、カナダの労働市場は2月に337,000人の雇用を追加し、1月の200,000人の雇用の損失を相殺しました。

「失業率が数十年ぶりの低水準に近づいているため、雇用を検討している雇用主は、すでに働いている求職者の中から新しい従業員を見つける必要がますます高まっている」とバーナード氏は述べた。

低い失業率は、労働者は賃金と福利厚生などの条件を交渉する余地がある事を意味します。

雇用を検討している企業は、労働者を引き付けるために賃金を上げる必要があるかもしれません。