カナダ第6波へ

カナダはCOVID-19の第6波に入った事を。カナダのトップドクターが認定しています。

テレサ・タム最高公衆衛生局長官は火曜日に、全国での最近の症例数の増加は、オミクロンのBA.2サブバリアントによって促進されていると述べました。

「場所にもよるが、カナダでは、一般的に言って、第6の波を入っったと言えます。」とタム氏は記者団に語った。

タム氏によると、ほとんどの州でPCR検査が限られているために症例が過小評価されているにもかかわらず、COVID-19はカナダ全土で復活しているという。政府の数字によると、現在、全国で20万件のアクティブなケースがあります。

PHACによると、3月31日までの1週間で、1日の平均症例数は全国で28%増加し、増加傾向を示し続けています。

最も心配なこととして、入院患者も増え始めているとタム氏は語った。カナダ保健省のウェブサイトによると、入院したCOVID-19患者の総数は、4月の第1週に4,200人から5,100人以上に増加しました。

同じ期間中、ICUベッドでのCOVID症例数はほぼ同じで、374から365にとどまりましたが、人工呼吸器を使用しているCOVID患者の数は155から173に増加しました。

mRNAワクチンは、時間の経過とともに感染を防ぐ効果が低下することは事実ですが、2回の接種は、人々が入院したり悪化したりするのを防ぐのに一般的に効果的です。さらに良いのはブースターだとタムは述べています。ブースター予防接種はあなたを病院から遠ざけるのに90パーセント以上効果的になると述べました。

「ブースター効果を得ると、重度の病気からあなたを守るだけでなく、感染に対する一定レベルの保護も提供し、それが感染を減らすのに役立ちます。」

National Advisory Council on Immunization(NACI)は火曜日にブースターに関するガイダンスを強化し、18歳以上のすべての成人が最後の接種から6か月が経過した場合、最初のブースター接種をが「強く推奨」されていると述べました。

NACIは、最新の勧告で、免疫不全、集団ケア環境に住んでいる場合、またはCOVID-19によって感染が確認された遠隔地のコミュニティに属している場合、12〜17歳の青年にも初回投与を「すべき」と述べています。

NACIの副議長であるロビン・ハリソン博士は、次のように述べています。

ほぼすべての州がマスキング要件を廃止し、ほとんどの州が予防接種規則の証明を破棄しました。

「マスク規制を再び戻す必要があります。さもなければ、私たちはもっと多くの感染者増やしてしまうでしょう。」と先週のグローバルニュースとのインタビューでトロントの救急医であるカシフ・ピルザーダ博士は言いました。

「ブースターショットを取得し、換気をマスキングして改善することをお勧めします。」