カルガリー南の町、ナントンにグレインエレベータがアルバータ州の歴史的建造物に指定される

95歳と93歳になるのナントンのグレインエレベーターと呼ばれる穀物倉庫は、アルバータ州南部のランドマークとして100年近くそびえ立っていました。 

グレインエレベーターは穀物を列車に積むための施設で穀倉地帯では最も重要な施設でした。

ナントンの3つのグレインエレベーターは3州の歴史的建造物として正式に指定されました。エレベーターのうち2つはツイン構造で、3つ目は独立しています。 

この指定により、州政府と連邦政府の両方から以前よりも多くの資金と助成金の機会を受ける資格があることを意味します。 

カナダの穀物エレベーターディスカバリーセンターの社長Leo Wieser氏は、歴史的建造物への指定は必要な修理を可能にする上で極めて重要であり、観光名所としてのサイトをさらに発展させるのにも役立つだろうと述べました。 

「土地とエレベーター自体が法的に保護されていることを意味するので、指定は素晴らしいです」とウィーザーは言いました。 

「現在、アルバータ州と正式に協力して、このサイトを維持し、将来性を確保し始めています。」

ウィーザー氏のサイトを指定するための努力は、最終的に許可される前の10年間から進行中であったと述べました。 

3つの穀物エレベーターはかつて7列あったグレインエレベータの一部でした。2002年に運用が廃止された後、それらはすべて解体に直面しました。 

しかし、カルガリーの南約90 kmにあるナントン市民とその周辺地域の努力と寄付のおかげで、3つのランドマークが保存され、元のペイントカラーに復元されました。 

旧カナダ太平洋鉄道 マクラウド支線に位置し、CP鉄道駅の史跡からわずか500メートルのところにあるエレベーターは、この州に残っている20世紀の産業建築の最後の例です。 

また、敷地内にはアルバータ州で最後に残っている石炭小屋の1つがあります。 

ウィーザー氏は、穀物倉庫を訪れる人々も時間をかけてナントンの町をチェックすることを望んでいます。ナントンには素晴らしいキャンディーストアアがあります。 (ヘレンパイク/ CBC)

3台のエレベーターが救われて以来、プロジェクションマッピングの場として機能し、壁にカラフルなライトショーが映し出されています。ごく最近、エレベーターはウクライナの旗の色でライトアップされました。 

ヴィーザーはまだまだ想像力は止まないと語ります。 

「このスペースをより活気に満ちたものにし、エンゲージメントの中心にして、より多くの人々がしばらく滞在できる方法でスペースを楽しむことができるようにする方法について話し合っています」

ウィーザー氏によると、石炭小屋や穀物倉庫のドアの必要な修復など、いくつかの問題がいくつかあります。しかし、それとは別に、ウィーザー氏は、映画イベント、人形劇、さらにはその場所でのオペラの歌を主催することに照準を合わせていると言います。

「それは本当にエキサイティングで、観光としての可能性は無限です」とウィーザーは言いました。