キャンモアにゴンドラ建設計画

キャンモアのシルバーチップリゾートでのゴンドラ建設経過のパブリック・エンゲージメントに突入します。

プロジェクトはゴンドラがハイウェイ横のパリサートレイルエリアからシルバーティップ・ビレッジ・リゾートに中間駅を置き、さらにMtレディマクドナルドの駅に続くというものです。

シルバーティップ・ビレッジ・リゾートを所有するStoneCreekResorts Incのプロジェクトマネージャーのベストン氏によると

「私たちはプロセスの初期段階にあり、来週に一般の人々のレビューとフィードバックを求めています。」

フィードバックはAlberta Environmentand Parksに送られ、締め切りは6月13日です。

提案されている開発面積は約14.9ヘクタールで、そのうち13.9ヘクタールがボウバレーワイルドランド州立公園にあります。

ゴンドラプロジェクトのウェブサイトによると計画されたゴンドラはボウバレーワイルドランド州立公園、公有地、ビッグホーン市区町村、キャンモアの町が所有する土地を通り抜けます。

シルバーチップリゾートは、自主的な環境影響評価を完了し、2016年11月2日にFirst Nations to Alberta Environment and Parksに参加することを約束しました。

同地域では、サルファー山、サンシャインビレッジ、レイクルイーズに既存のゴンドラがあります。

バンフでは、バンフの鉄道駅からのゴンドラの提案は非常に議論された選挙問題になりました。この計画は、バンフ国立公園にあるために連邦政府またはバンフ評議会のいずれかによってまだ承認されていません。

シルバーチップリゾートのゴンドラプロジェクトの説明は、以前に2021年1月27日に提出されましたが、Alberta Environmentand Parksによって拒否されています。