カナダ人の半数がコロナにかかった可能性あり

推定では、カナダ人口のほぼ半分が感染している可能性があります。

CBCニュースに提供されたBC州のデータによると、人口の40%近くが感染による抗体を持っていたことがわかりました。これは10月の約10%から増加しています。その数は10歳未満の子供でさらに高く、3分の2近くが以前の感染の証拠を示しています。

データはまた、人口のほぼ90%が、ワクチン接種、事前感染、またはその両方を通じて、何らかの方法でウイルスに対して免疫を持つことを示唆しています。

カナダで2回目の投与を延期する決定の基礎を築いた研究を行ったスコーロンスキー氏は、パンデミックが始まったときとは基本的に「全人口がナイーブ」だった現在とは「大きく異なる状況」にあると述べた。

「これは、新しい亜種が発生した場合感染から免除されることを示しているとは言えません。」

データは暫定的なものであり、オンタリオ州などの他の州からの新たなデータと一致しています。オンタリオ州では、公式の推定では、人口の40%がCOVID-19に感染していることが示されています。

しかしながら、第6のパンデミックは、カナダ全土の多くの小児病院で患者数の増加とスタッフの不足を引き起こしており、COVID-19が子供に広がることについて親や医療専門家の間で懸念を引き起こしています。 

カナダのCOVID-19免疫の状況は、ワクチン接種率が高く、感染が広範囲に及んでおり、投与量の遅延と混合が行われていること、そして私たちがさまざまなものを引き付けてきたという事実により、世界で最も複雑なものの1つです。

COVID-19ワクチンの投与を遅らせ混合するというカナダの大胆な決定は、入院と死亡からの強力な防御につながりましたが、オミクロンとその亜変異体の出現により、以前のウイルス株よりも感染に対する防御が弱くなりました。

重症化に対するワクチンの有効性は良好に維持されています。しかし、オミクロン感染に対する2回投与の効果は12月に劇的に低下しまし、3回目のブースター接種によって再び61%に上昇しました。

Modernaの新バージョンワクチンは、「懸念されるすべての変異株に対する」防御を提供するようです。早ければ今秋、元来株とオミクロン変異株の両方を標的とするワクチンを提供する予定です。