バンフ国立公園内のシャトルバスシステムが変更へ

最大の変更点は、レイクルイーズとモレーン湖へのシャトルバスを利用するための駐車場がレイクルイーズスキーリゾートの駐車場に移動することです。以前の場所はトランスカナダハイウェイ沿いでした。

ParksCanadaのビジターエクスペリエンスマネージャーであるコクレーン氏は、この変更により、より安全で効率的な運用が可能になると述べました。

コクラン氏によると、シャトルの座席の予約は5月4日からシャトルシートの50%が予約可能になり、残りの半分は48時間前から予約可能になります。

シャトルは完全予約制なので、事前に計画を立てることをお勧めします。座席はパークスカナダのウェブサイトで予約できます。

公園への訪問者は出発時間の柔軟性を高めるために1時間の時間枠を予約できます。時間枠内でならいつでも乗ることができます。

パークスカナダのシャトルはバンフの市バス「ROAMトランジット」と統合されており、ROAMの「スーパーパス」により、旅行者がレイクルイーズ湖岸に到着した後パークスカナダレイクコネクタシャトルを介してモレーン湖にアクセスできます。キャンモアまたはバンフからの訪問者は、レイクルイーズとモレーン湖を同じ運賃で巡ることができます。

5月中旬から10月中旬まで、駐車混雑問題を管理する2年間のパイロットプログラムの一環として、1日1台あたり12.25ドルの駐車料金が課せられますが、それでもルイーズ湖の駐車場は通常、日の出の時間には満車になります。

「私たちは訪問者に事前に計画を立て、公共交通機関、シャトルバス、ROAMを使用することを本当に奨励しています。シャトルバスがモレーン湖とレイクルイーズを見るために保証されている唯一の方法です。予定を事前にしっかり計画して訪れてください。そうすれば旅行をもっと楽しむことができます。」とコクレン氏は述べています。