バンフ町、住民に電動バイク購入一部負担

バンフでは以前、電動自転車購入へのリベートを導入しました。このプログラムではバンフ市が電動自転車の購入額の一部負担、バンフ住民によるCO2排出量を減らす狙いがあります。

バンフ市議会では住民からの高い電気自自転車へのリベートプログラムへの需要を受け、再度40,000ドルの予算を承認しました。

町の環境とSDGsのマネージャーであるマイケル・ヘイは、前回実行したこのプログラムは「非常に人気があり」、資金を使い切るのに3月2日から16日間しかかからなかったと述べました。

今年2023年のプログラムに$ 20,000を推奨しましたが、バンフ市長の提案によりリベートの金額が2倍になりました。

プログラム資金はバンフの駐車料金から提供される予定です。

「ビジターが有料駐車場を通じて提供した資金でのプログラムなので、私たちはバンフの納税者にストレスを与えることなく市内の車を減らすことができる。」と彼女は言いました。

レポートによると、前回のプログラムでは電動自転車の45%(60台中27台)がバンフの店舗から購入されました。GSTを含めると、小売価格の合計は207,000ドルで、平均的な電動自転車の価格は3,488ドルでした。

報告書は、リベートの総額は41,437ドルであり、世帯あたりの平均リベートは691ドルであると述べています。

60件の購入のうち、14件は1,500ドルから2,000ドルの範囲で、12件は4,500ドルから5,000ドルの範囲でした。障害者用の電動自転車が購入されたために5,000ドルを超えるものがあり、29台は2,500ドルから4,500ドルの範囲でした。

報告書によると、リベートの対象となる電動自転車の5,000ドルの上限は、主に通勤用および貨物用の電動自転車モデルの購入に役立ち、高性能のマウンテンバイクやロードバイクは購入されませんでした。

報告書はまた、需要のほぼ半分が町のミドルスプリングス地域からでした。坂の上にある地域や町の端にある地域から「強い参加」があったと述べています。

報告書は、リベートが電動自転車の一般の認識を向上させ電動自転車を購入を支援し、人々が車からシフトすることを奨励し地元の企業を支援したと述べました。