アルバータ州を襲った鳥インフルエンザは、アルバータ州内で少なくとも90万羽の安楽死を余儀なくされました。これはカナダ全国の半分以上の数です。

カナダ食品検査庁によると、この1週間で、このウイルスはさらに5つの養鶏所を襲い、約30万羽の鳥に影響を与えました。野鳥の移動によって拡散されたこのウイルスは、1か月前に最初に検出されて以来、23のアルバータ州の養鶏所に感染しています。

アルバータチキンプロデューサーズのスポークスウーマン、マリアレスリー氏によると、前例のない大発生がいつ治まるかはわかりませんが、春からの温暖な気候に期待しています。

「私たちは毎日、何が起こっているかに驚いています…。」とレスリー氏は述べています。

「いつか鳥インフルエンザが襲うことはわかっていたのですが、これまでに一度も経験したことがありませんでした。そのため、いつ終了するかについてのベンチマークはありません。」

幸いなことに、カナダの供給管理システムは、カナダ全土で養鶏所の在庫を共有し不足を補い合い、高水準のインフレへの影響は最低限に抑えています。

農場が感染のために操業を停止した場合、正常に戻るまでに18か月かかります。

鳥インフルエンザは野鳥に絶えず存在しますが、野鳥が持つ特定の菌株は非常に毒性が高く、水鳥、フクロウ、ワシ、カラスなどの猛禽類にまで広がっていると、カルガリー大学の獣医解剖病理学者であるデイナゴールドスミス博士は述べています。また、渡り鳥が多いので、「ウイルスが鳥から鳥へと移動する可能性が高くなる」ことも確実と彼女は述べています。

カルガリー大学のゴールドスミス氏は、この国で最初に検出されたカナダ東部でのウイルスの拡散は鈍化しており、渡り鳥の移動が減少するにつれて、ウィルス拡散は減少するだろうと述べていますた。

科学者によると、鳥インフルエンザは卵や肉の摂取によって人間に危険を及ぼすことはありません。

ウイルスに見舞われた農民は彼らの損失に対して政府の補償を受けますが、一部の生産者はそれが十分ではないと主張しています。

レスリー氏によると、近年、アルバータ州の農場では年間7720万羽の鶏と160万羽の七面鳥が生まれ、280万羽の鶏が7700万羽の卵を産んでいます。