国立公園の希少な化石が持ち去られる事件

Parks Canadaの公園管理人、RCMP、Longueuil警察署、およびRoyal Ontario Museumが関与する調査の結果、45の化石が没収され、2万ドルの罰金が科され、5か月の自宅軟禁が発生しました。

パークスカナダは、ヨーホー国立公園とクーテネイ国立公園のにまたがる有名なバージェス頁岩の化石サイトを有しています。

現在および将来の世代のためにカナダ国立公園法では、化石、植物、動物などの自然物の持ち去りはを禁止しています。

2020年の夏、レイクルイーズにあるパークスカナダの公園管理人は、バージェス頁岩からの化石の持ち去りに関して一般の人々からの通報を受け取りました。

その結果、2020年の夏と秋に調査が行われ捜査令状が出されました。
2020年11月20日、モリシー国立公園とケベック水路の公園管理人、およびロングイユ警察署がモントリオール地域の私邸で捜査令状を執行しました。

捜査により45の化石が回収され、専門家によって特定されました。化石の大部分は、現在一般に公開されていない地域であるクーテネイ国立公園のバージェス頁岩マーブルキャニオン採石場から発生しました。

犯人には45の化石の没収、2万ドルの罰金、夜間外出禁止令を含む5か月の条件付き判決が言い渡されました。これは、バージェス頁岩から化石を除去するためにこれまでに課された最大の罰金であり、犯罪の深刻さとこの場所の重要性を示しています。罰金からのお金は環境損害賠償基金に送られ、野生生物と生息地を保護するプロジェクトを支援するために使用されます。

これは、カナダの自然遺産を保護するためのパークスカナダのコミットメントとパートナー機関からのサポートを実証する複雑な調査でした。パークスカナダは、RCMP、ロングイユ警察署、ロイヤルオンタリオ博物館、およびBC、アルバータ、ケベックのパークスカナダパークスウォーデンを含むすべての関係者に感謝の意を表しました。