バンフアベニュー本日から歩行者天国へ

バンフアベニューのダウンタウンは本日より車両通行止めになり、歩行者天国となります。 

バンフの町から許可を得たレストランや小売店は、提供されているガイドラインに従って、早ければ5月20日金曜日に路上に露店やレストランの席を設置することができます。タウンは、今後数日から数週間にわたって、歩行者ゾーンのロジスティクスとアメニティの実装を開始します。

自転車は歩行者天国内で許可ます。サイクリストは歩行者に道を譲り超低速度を維持する限り歩行者天国内での通過が許可されます。

歩行者ゾーン2022の地図新しいウィンドウで開きます Opens in new window

ダウンタウンは、当然バンフの町で最もにぎやかな歩行者エリアです。平年では、ピークシーズンには1日あたり最大30,000人の歩行者がバンフアベニューを散歩できます。歩行者ゾーンでは、訪問者はバンフの雄大な景色を体験できます。レストランや店舗では、歩行者ゾーンに沿って座席や露店を行う事が可能になります。また、自転車の預かり所、公共のピクニックエリアなど一時的な公共施設が提供されます。 

バンフのダウンタウンの交通

バンフアベニューは、車両の重要な輸送路です。ダウンタウンの中心部で2ブロックが閉鎖されると、迂回路のため混み合う夏の日に交通渋滞が発生する可能性があります。

車両の通行は、リンクスストリート、ビーバーストリートなどの隣接する通りに迂回されますが、バンフアベニューの東側にあるマスクラットストリートとオッターストリート、バンフアベニューの西と南にあるリンクスストリートとバッファローストリートに迂回されます。 。迂回路とバッファローストリートを通って南側へのアクセスは維持されます。

混雑に対処するために、バンフの町は次のような多くの戦術を実行します。

  • 鉄道駅の無料駐車場の推進2021年5月のビジター有料駐車場
    の導入に伴い、町は駅の駐車場など、ダウンタウン周辺の9時間無料駐車場を促進し、ダウンタウンの中心部に入る交通を減らします。ダウンタウンアリアの駐車場は有料となります。
  • サイクリングサポート
     2020年と2021年には、バンフ国立公園でのサイクリストが急増しました。特に、ボウバレーパークウェイとキャンモアとバンフを結ぶレガシートレイルがサイクリストを増大させています。これらのユーザーにサービスを提供することで、エクスペリエンスを向上させるだけでなく、ダウンタウンの中心部への参入を促すことができます。
    バンフ町は、駅の駐車場でレンタサイクルを提供し、修理ステーションを設置しています。さらに、バンフアベニューに自転車の無料預かり所が設置されます。
  • 鉄道駅の無料の駐車場に観光案内スタッフ
     観光案内スタッフは、週末に無料の公共駐車場に配置され、それらの駐車場に駐車している人々が情報を入手するためインセンティブを提供します。
  • インターセプトロットの迂回戦術の増加
     鉄道駅の無料駐車場が設置されたにも関わらず、無料駐車場の夏季占有率は50%未満でした。駐車場の使用を増進するための戦術は次のとおりです。
    • 標識設置の強化
    • 重要な場所でのフラグ付け
交通流は新しいウィンドウで開きます Opens in new window

事前の計画

バンフの面積はわずか4平方キロメートルです。駐車場は非常に限られており、ナビゲートは迂回路の影響を受けます。バンフタウンサイトへの訪問者は、ダウンタウンの中心部から徒歩10分以内の主要な駐車場へのルートを計画する必要があります。

  • ホテルやキャンプ場に宿泊する場合、バンフアベニュー/ミネワンカ湖の入り口からバンフに侵入をお勧めします
  • バンフを日帰りで訪れる場合は、マウントノーキーロードの入り口から町に入る事をお勧めします。駅の駐車場にある9時間の無料駐車場にすばやくアクセスできます。ダウンタウンまで徒歩8分、週末は無料シャトルが利用出来ます。
  • banffparking.ca を使用して、利用可能なスペース、コスト、およびその場所への最適なルートを事前に知ることができます。