キャンモアの開発が始まれば人口が約2倍へ

財産権裁判所の判決は環境問題を理由としキャンモアの町によって拒否された2つのディベロッパーによるプロジェクトを支持しました。30年にわたる開発か否かの論争は終わりを迎えるかもしれません。

Three Sisters Mountain Village Properties Ltd.によると、5月17日のアルバータ州土地所有権裁判所が、30年前に規制当局の承認を得た2つの開発プロジェクトを承認したと述べています。

「土地所有権裁判所は、スリーシスターズビレッジエリア構造計画を採用するよう町に命じています」と裁判所の決定は述べています。

開発が実行されればキャンモアの人口はほぼ2倍になると予想されます。

同社の開発担当ディレクターであるクリス・オレンバーガー氏は「Three Sisters Mountain Village Properties Ltd.は決定を注意深く検討し、これらのプロジェクトの開発を進めることを楽しみにしています。裁判所の決定は町の異議を却下し、キャンモア町が上訴する能力は非常に限られています。」と述べています。

Three Sisters Mountain Village Properties Ltd.は、昨年3月にスリーシスターズビレッジとスチュワートクリークの不動産の開発を承認することを拒否したとして、キャンモアの町と個々の評議員を1億6,100万ドルで訴えてます。

キャンモア町での公聴会の結果、環境上の理由で開発に対する反対が集まり、キャンモア評議会は1年前に開発を圧倒的に拒否しました。

しかし、開発者は、アルバータ州土地所有権裁判所が1992年に提案を承認した後、開発は公益とアルバータに住む人の利益になると宣言したと主張しました。

どちらの開発予定地もスリーシスターズパークウェイの南側に、300ヘクタール以上の土地をカバーし、今後10年から30年の間に12,000人以上の居住者を収容できる住宅などが建設予定です。

開発には、リゾートとスパ、屋内レクリエーションセンターなど、住宅用と商業用のユニットが含まれます。

プロジェクトの反対派は、20年前に天然資源保護委員会によって承認された計画は、現在の計画と同じではなく、それが交通渋滞を引き起こし、野生生物の回廊を混乱させると主張しています。

1992年に天然資源保護委員会の公聴会で提案に反対した自然保護論者のハーベイ・ロック氏は、裁判所の決定は司法審査の対象となる可能性があり、環境上の理由から上訴する必要があると述べています。

「ボウバレーは過去30年間で非常に築き上げられており、キャンモア周辺は大きなプレッシャーにさらされています」とロック氏は述べています。

彼は、Wittington et al Movement Ecologyが行った2022年のボウバレーの環境調査で、町の周りの野生生物の接続性が人間の存在によりすでに85%減少していることを指摘しました。

開発担当ディレクターであるクリス・オレンバーガー氏はよると、このプロジェクトは1992年以来何度も更新されており、州の環境当局はそれらを承認しています。

「Three Sisters Mountain Village Area Structure Plan Applicationsには膨大な量の作業が費やされました。天然資源保護委員会の決定、野生生物の回廊、以前の採炭の使用に関して独自の考慮事項があり、通常の Area Structure Plan Applicationsを超える規模と詳細レベルの調査と報告が必要でした。」

「その結果、Three Sisters Mountain Village Area Structure Plan Applicationsに提案された修正の規模と範囲は大きく、計画全体をほぼ書き直さなければなりませんでした。」

開発担当ディレクターであるクリス・オレンバーガー氏はによると、判決はまだ評価中であるため、民事訴訟に関してはまだ決定を下していません。