バンフダウンタウン最後の空白地が商業開発へ

–バンフのダウンタウンの中心部にある空き地がついに開発されそうです。

現在216バンフアベニューにあるボウバレー信用組合は、ローズ&クラウンビルの隣の206バンフアベニューの空き地に、新しい商業住宅ビルの開発許可申請をバンフの町に申請しました。

1998年、バンフアベニューの200ブロックのガソリンスタンドが取り壊された後に、パークスカナダは借地権を取り戻し環境教育センターを設立すると発表しましたが、最終的に公園として使用されました。

しかし、パークスカナダへのリースが期限切れになり、バンフ町へ商業スペースが返還されることになっています。

バンフ国立公園を開発の環境への影響から保護するために1998年に施行された連邦法の下で、バンフの町で許可されている商業用床面積の合計は361,390平方メートルです。

バンフ町の再開発は、市民の声を尊重し、都市設計、造園、環境の持続可能性に関する高い基準を取り入れ、町から強力な山岳都市としての美的および建築的ガイドラインを構築しそれを厳守していきます。