列車によりグリズリー死亡

火曜日、アルバータ州とブリティッシュコロンビア州の国境近くのヨーホー国立公園で、若いハイイログマが列車に轢かれて死亡しました。5歳のハイイログマは、この地域で有名なシロクマの兄弟でした。これは、今年の初のグリズリー死亡です。

「このクマとその兄弟には、グリズリーでは珍しく、野生生物避けのフェンスを登る能力がありました。グリズリーズは通常、柵を登ることはありませんが、これらの兄弟はフェンスを越えてフェンスの中の植物を求めていました。」と、パークスカナダのエコロジストであるデビッドラスキン氏は述べています。

「毎年、春にはクマが標高の低い谷底で餌を求めるのは普通ですが、今年の春は涼しく、標高の高い場所の雪が溶けていません。融雪の遅れでクマがより高い標高に分散せず、気温の高い谷底にとどまり車や列車などの車両にクマが轢かれる危険が増しています。」

ラスキン氏によると、パークスカナダは、高速道路でのクマの死亡を防ぐための措置を講じています。これまでのところ、連邦政府機関は制限速度を時速70 kmに下げ、高速道路に沿って停止禁止区域を設けています。