ルルレモンのブランド名、実は日本に大きな関係が!

起業家でルルレモンの創設者であるチップウィルソンは最近TikTokを開始しました。

現在、ウィルソンは、ルルレモンという名前を思いついた理由について語りました。

ウィルソンによると、彼は日本市場で人気のあるスノーボードとスケートボードのブランドを持っていました。しかし、彼は市場が変化していることに気づき、高価な価格で販売し成功を収めました。

「それは私が人生で最も簡単にお金を稼いだ方法でした」とウィルソンは語りました。

彼はなぜ彼らが彼のスケートボードブランド、「ホームレス」の名前をそんなに好きなのか疑問に思い始めました。

「ホームレスには「L」の文字が入っていて、Lは日本語にはない文字なので、日本人はホームレスを好きになったに違いない」とウィルソン氏は考えました。

ウィルソン氏によると、日本の消費者にとってクールで本物のように聞こえたため、日本企業も自社ブランドに北米スタイルの名前を付けていました。

「それで、次に会社の名前を思いついたとき、私はブランド名に3つのLを入れて、3倍稼ぐことができるかためしたのです。」と彼は言いました。

基本的に、ウィルソンはたくさんのLが入った名前を好んでいたようで、最終的に新ブランド名はルルレモンに決定しました。数年後、ウィルソンは2014年にルルレモンの所有権の一部を8億4500万ドルで売却に成功しました。

@chipwilson.official Reply to @jonpas PART ONE. Follow for part two. #chipwilson #lululemonfounder #lulufounder ♬ Summer day – TimTaj

フォーブスによると、ウィルソンの純資産は52億ドル。彼はもはやアスレチックウェアブランドではありませんが、それでも彼は8%の株式を保有する同社の最大の個人株主です。