カナダのフライト、もうメチャクチャ

あなたが次の旅行をためらっているなら、それはあなたは一人ではありません。 

ガソリン

価格の高騰とインフレの急増の中で、多くのブリティッシュコロンビア州民は旅行計画を再考しています。 

新しい世論調査によると、フライトのキャンセル、遅延、および長いラインナップにより、カナダのアンケート回答者の53%が飛行機を使った旅行を懸念しています。

調査に回答したカナダ人の半数以上が自分たちの州内を旅行する予定であると述べ、さらに28%がカナダ国内を旅行すると述べました。4分の1強が海外に向かうと述べており、旅行者の16%が米国に行く予定です。

過去2年間は旅行が困難でしたが、カナダや世界中で国境措置が緩和されているため、航空業界は予想以上の旅行者の流入に圧倒されています。

Bernie Hensel氏は、YVRで、米国税関を通過ために2時間待ちラインナップの写真を共有しました。

ある男性は、格安航空会社のSwoopからフライトがキャンセルされたことを知らせるメールを受けました。Swoopは男性にウエストジェットでフライトを再予約できると述べたフォローアップを送りました。しかし男性が、Swoopに電話すると、電子メールが「誤って送られた」と告げられました

「ばかげている。助けが欲しい」と彼はツイートしました。

別の人は、フレア航空が「通知なし」でフライトをキャンセルしたにも関わらず、ライトのチェックインの時間であるというテキストを受け取ったと言います。しかし、チェックインの時間のお知らせ受け取った後、飛行機はキャンセルされたとツイートしています。 

航空会社に電話した後、彼はツイートに「エージェントは何かがうまくいかなかったことに気づいた」と書き、無料で新しいフライトが再予約出来たようです。

地元の女性は、夫がビジネスのためにハリファックスに飛ぶことになっていましたが、エア・カナダは彼が出発する予定日の前日に彼のフライトをキャンセルしました。 

「彼らはそれが「技術的な問題」だと主張していますが実際はスタッフの不足を意味していると思います」と彼女は言った。 

エア・カナダがフライトをキャンセルし、別の日に移動し、再予約したフライトを延期した後、憤慨した地元の旅行者は、「エア・カナダは私の人生の男を追いかけている」と書いています。

飛行機の乗客も、キャンセルされたフライトの損失を取り戻すのが難しいと表明しています。

ある女性は、エア・カナダがフライトをキャンセルしたにも関わらず「管轄外」と説明され結局お金を取り戻すことはで来ませんでした。しかし、彼女の友人は同じフライトの補償を提供されたとツイートしています。 

「事情をを説明してください。」と彼女は書いています。