アルバータの嵐でテニスボール大の雹、自動車など被害多数。

アルバータ州中部に大量の雹を降らせた嵐は、カナダ史上最大の雹をもたらし多数の車両に損害を与えました。

この雹は、レッド ディアのすぐ南西にあるマーカービルの近くで今週初めに発生した嵐の後、ウェスタン大学のノーザン ヘイル プロジェクト(NHP) フィールド チームによって発見されました。

今回1マーカビルで発見された雹は1973 年 7 月 31 日にはサスカチュワン州セドゥで採取された 290 グラムの記録を超える、292 グラム以上の重い雹でした。

「直径 123 mm の雹は、標準の DVD (120 mm) をわずかに超える大きさです。」と NHP チームはニュース リリースで述べています。

NHP チームはまた、巨大なグレープ フルーツ サイズの雹は、マーカービルを襲った嵐から回収された 3 番目に大きい雹であると述べました。

以前のアルバータ記録の雹は、1987 年 7 月 31 日のエドモントン竜巻の際に降ったものでした。その石の重さは 264 グラム、直径は 104 ミリメートルでした。