バンフ一ヶ月で2件の殺傷事件

最後の殺人事件から数十年が経ち、警察はバンフの同じナイトクラブの外で 1 か月以内に 2 件の殺人事件を捜査しています。

犯人はブリティッシュ コロンビア州レイク カントリーに住む 20 歳のジョン・スプロール、第 2 級殺人罪で起訴されました。

土曜日の真夜中過ぎに、リゾートタウンのメインストリートであるバンフアベニュー沿いのクラブに警察が呼び出され、フットヒルズ郡出身の 27 歳の男性が刺し傷を負っているのを発見しました。 その後、刺し傷を負った男性は、病院で死亡しました。

犯行現場から数ブロック北にある集合住宅の住人によると、攻撃者は警察から逃げる途中で自宅に侵入を試み、ドアを叩いて血まみれの手形を塗りつけた後、警察が建物の近くで彼を逮捕したという。

1 か月足らず前の 8 月 5 日に、ナイトクラブ、ダンシング サスカッチが同様の殺人事件の現場となりました。 警官が午前2時30分頃にクラブに到着し、刺し傷のあるバンフ在住の26歳のイーサン・エンズ・ゴノーを発見しました。彼はその日のうちに病院で亡くなりました。同じくバンフ出身のジョン・クリストファー・アリッツァ (22 歳) は、第 2 級殺人罪で起訴されています。 

バンフの警察によれば、この 2 件の殺人事件に関連性はなく、一般市民への危険はないと述べています。

最近、バンフのボウ川に架かる歩道橋の安全上の懸念により、町は防犯カメラやその他の犯罪防止の取り組みを検討するようになりました。ハロウィーンの夜、10 代の少女のグループが橋の上で覆面をした男に襲われた後、2021 年 10 月にコミュニティのメンバーはセキュリティ強化のためのロビー活動を開始しています。