インフレ抑制の為、カナダの政策金利3.25%へ!

カナダ銀行は水曜日、暴走するインフレを抑える為に中央銀行は政策金利を 4 分の 3 パーセンテージ ポイント引き上げました。

パンデミックの初期に経済を刺激するために2020年に金利をほぼゼロに引き下げた後、カナダの中央銀行は、数十年で最高レベルに上昇したインフレを抑制するため、貸出金利を引き上げました。 .

政策金利は、カナダの消費住宅ローン、与信枠、貯蓄口座などについて銀行から受け取る金利に影響を与えます。

2022年初の銀行の金利は 0.25% でした。水曜日の動きの後、現在は3.25%です。これは、金融危機前の 2008 年初頭以来の銀行の金利の最高水準です。



カナダのインフレ率は先月、30 年間で最高の 8.1% から幾分緩和しました。しかし、銀行はそのインフレ低下のほとんどはガソリン価格によるものであり、経済の残りの部分では「価格のさらなる上昇が見られた」と指摘しました。

この動きは、銀行を監視しているエコノミストによって広く予想されていました。銀行は今年 5 回の利上げを行っていますが、エコノミストは年末までにさらに多くの利上げが行われると考えています。

金融サービス複合企業であるデジャルダン・グループの副社長兼チーフエコノミストであるジミー・ジーン氏は、インフレ率を 3% 未満に戻すためには必要な限り、貸出金利を引き上げることが必要だと述べています。

そして、ジーン氏は金利上昇の影響が経済に完全に反映されるまでには通常 2 年ほどかかると述べています。