慢性的な住宅不足のバンフに新たなレンタル住居が

適切な宿泊施設を見つける際に障壁に直面しているバンフの住民は、YWCAによる、1,410 万ドルの住宅開発の開始により、バンフの住宅事情が改善される事が期待されています。

着工から 2 年後、新しい Dr. Priscilla Wilson’s Place は、住宅危機に取り組み続けているバンフの町に33 戸の住宅を提供します。バンフ初の女性医師にちなんで名付けられたコートヤード プロジェクトと呼ばれていた新しい建物は、最大 78 人を収容できます。

当局者によると、一部の住民はこの 1 か月で引っ越しを開始しており、今後 1 週間でさらに多くの住民が引っ越しをする予定です。

バンフ YWCA の最高経営責任者である Ebony Rempel は、次のように述べています。

「新型コロナウイルス、物価上昇、インフレ、サプライチェーンの問題など、多くの要因により建設が非常に遅れているため、これが実現することに非常に興奮しています。」

YWCA は 25 年以上にわたり、バンフ コミュニティで手頃な価格の住宅を提供してきました。

この組織は通常、約 100 人の住民に宿泊施設を提供すると同時に、バンフのコミュニティをより安全で健康的な生活の場にするためのプログラムとサービスを提供しています。

居住者の基準には、女性、移民者家族などの大家族、障害者が必要な人々が含まれます。

また、低所得者も優先されます。

レンタル料金は、YWCA が誇る基準である市場料金の約 20% を下回ります。

改造された輸送用コンテナから構築されたユニットは、ワンルームから 4 ベッドルームのアパートメントまでさまざまです。

エネルギー効率を高める設計に投資することで、光熱費を抑えて長期的に居住者の手頃な価格を維持することが目標となっています。

YWCA はプロジェクトに土地を提供し、必要な資本金を調達するために、州および連邦政府の資金拠出とローンを活用しました。

住宅建設コストは、特に COVID-19 パンデミックに関連する課題を考えると、ほぼ 1,400 万ドルにまで膨れ上がりました。

言いました。