アルバータ州の新たな石炭採掘をカナダ最高裁が却下

カナダの最高裁判所は、アルバータ ロッキー山脈の露天掘り炭鉱の開発の阻止決定に対し、控訴を却下しました。

木曜日に発表された判決で、最高裁判所は、アルバータ州のクロウズネスト パス地域に提案されているグラッシー マウンテン炭鉱が公共の利益にならないと判断したアルバータ州のエネルギー規制当局の決定に対し、炭鉱従事者と 2 つの先住民からの上訴許可の申請を却下しました。

却下された申請は、以前に採掘された場所での製鋼用石炭の採掘を再開することを提案した、Stoney Nakoda と Piikani First Nations および Benga Mining からのものでした。

しかし、2021年6月、連邦と州の合同審査委員会は、鉱山が魚と水質に及ぼす影響は、プロジェクトの経済的影響を上回ると述べました。アルバータ州の規制当局は許可申請を却下し、連邦政府もすぐにこれに従いました。

採掘会社と利益協定を結んでいた 2 つの First Nations は、最初に、アルバータ州控訴裁判所に上訴の許可を求めましたがその後、彼らは最高裁判所に上訴しました。 

採掘会社Benga Miningは、水質、魚の生息地、プロジェクトの経済性に関する会社からの証拠を無視したことで、連邦と州の合同審査委員会が誤りを犯したと主張、Stoney Nakoda と Piikani First Nationsは、憲法上の権利の行使に関連する経済問題について、委員会が適切に協議しなかったと主張していました。しかし、最高裁は控訴を拒否する理由を明らかにしませんでした。

数千ヘクタールが探査用にリースされ、いくつかの鉱山が提案されましたが、計画に対する大多数の国民の非難により、政府は開発を撤回し、地域の保護を復活させる命令を出すことを余儀なくされました。

しかし、それは法的問題をもたらし、州は現在、影響を受けた石炭会社から 2 件の訴訟に直面しています。 

石炭採掘会社への投資会社Atrum Coal Co. は、政府の動きが同社の株価に損害を与え、株主の価値を奪い、すでに完了した数百万ドル相当の探査作業を無価値にしたと主張しています。