世界的な利上げでカナダ、景気後退予想

過去数か月で十数カ国が利上げを実行しました。専門家によれば、これが迫り来る世界的な不況を意味する可能性があることを懸念されます。

連続した利上げはインフレの抑制に役立ちました。しかし、世界銀行の最近の報告によると、このような一連の利上げは2023年に世界を景気後退に追い込む可能性があります。

金利の上昇はインフレを抑えるための政策です。利上げは、借金と消費者の需要を抑制し家計の購買力低下を招きます。結果、過熱した経済成長を抑制します。

しかし、中央銀行によるこのような協調的な取り組みは、発展途上国にドミノ効果をもたらす可能性があります。

世界銀行の専門家は、新興市場国と発展途上国で一連の金融危機が発生し、世界経済に長期的な打撃を与える可能性があると述べています。

世界銀行であるIMF金融制度担当副総裁代行のアイハン・コーゼ氏によると、金融政策と財政政策の引き締めはインフレの抑制に役立つだろう。「しかし、それらは国全体で高度に同期しているため、相互に複雑化して金融状況が引き締まり、世界的な成長の減速が加速する可能性がある」と彼はレポートで述べています。

世界銀行の専門家は、先進国の中央銀行、特に新興国や発展途上国では、金融引き締め(国内のインフレを抑える場合)が国境を越えた波及効果をもたらす可能性があることを認識し続ける必要があると警告しています。

このレポートでは、過去の世界的な不況 (1975 年、1982 年、1991 年、2009 年、2020 年) を例に、中央銀行の政策対応が発展途上国に与える影響を示しています。

この研究は1975 年と 1982 年の世界的な不況の間に採用された政策が、特に現在の時代に酷似していることを示しています。

たとえば、1982 年の世界的な不況は、過去 50 年間で発展途上国の経済成長率が 2 番目に低く、2020 年に次いで 2 番目に低かった時期と一致しています。これにより、多くの発展途上国で 40 以上の債務危機が発生しその後10年間、経済の成長が失われました。

以前の世界的な不況を例に取ると、世界銀行の専門家は2 つの大きな懸念があると述べています。

第一に、現在の弱い成長見通しを考えると、わずかなマイナスのショックでさえ、世界経済を景気後退に追い込む可能性があります。この調査結果に基づくと、1970 年以降のすべての世界的な景気後退の前には、比較的弱い世界経済の成長の年がありました。これは過去に消費者の信頼を低下させる結果にもなりました。2022 年と 2023 年の成長予測もほとんどの国で下方修正されており、先進国では 90%、新興国と発展途上国では 80% となっています。

第二に、世界の GDP 成長率の最近の減速は、2022 年の 2 四半期連続で成長率が 0.9% で減速している米国など、いくつかの主要経済国における成長率の顕著な低下を反映しています。米国 このレポートは、世界最大の経済大国である米国が景気後退に陥った場合、世界的に大きな減速が生じる可能性が高いことを示しています。

今年の6月。米国のジョー・バイデン大統領は、米国が景気後退に陥る兆候を一蹴しました。しかし、報告書によれば、利上げによる借入コストの上昇と米国およびその他の主要経済の急激な減速が、新興経済国と発展途上国に「深刻な金融ストレスを引き起こす」可能性があると述べています。

世界銀行の専門家は、政策に関する中央銀行からの明確なコミュニケーションによる世界的な協調が、世界的な成長を確保するのに役立つと考えています。カナダを含む一部の国ではインフレが落ち着いてくる可能性がありますが、供給の混乱は依然として大きな懸念事項です。

食料供給は、異常気象や投入コストの上昇からロシアのウクライナ侵攻まで、さまざまな要因 によって混乱し続けています。世界銀行の報告書は、これらの供給の混乱と労働市場の圧力が収まらない限り、金利の上昇により世界のコアインフレ率が 5% のままになり、パンデミック前の 5 年間の平均の 2 倍になる可能性があることを示しています。

労働市場の制約を緩和し、商品の供給を増やし、世界的な供給のボトルネックを緩和するには、強力な措置が必要であり、これは世界的な調整を通じて行う必要があります。