カナダ、リタイア後に最適な国トップ50にランクイン!

英国を拠点とするレンタカー料金比較サイトのエンジョイ トラベルよれば、カナダは退職後に住むのに最適な国の一つに選ばれました。ランキングは早期退職を目指す人を含め、退職者のさまざまな優先事項を考慮しています。

ランキングを決定するために、Enjoy Travelは、生活費、生活の質、ビザや居住許可の取得のしやすさ、接待や家賃の費用などの要素を分析しました。天気の良さ、ヘルスケア、ホスピタリティ、英語を話す人にとっての言葉の壁も審査の一部とされました。

カナダは世界で 22 位にランク!これは、Enjoy Travel が、ビザと居住許可への容易なアクセスと高い生活の質のおかげであると述べています。

最近発表された国勢調査のデータによると、移民は 2021 年にカナダに住む全人口のほぼ 4 分の 1 を占め、20 年後には人口の 3 分の 1 を占めると予測されています。

移民の割合は、カナダでこれまでで最大であり、G7 諸国の中で最も高くなっています。

しかしながら、カナダは生活費に関してはトップ 10 どころかトップ 20 にも入りませんでした。

具体的には、家賃とレストランでの食事に関連するコストで、両方の価格が他の上位 50 か国の多くよりも高くなっています

Rentals.ca の 最新のNational Rent Reportによると、9 月のカナダの賃貸住宅の価格は前年比で 15.4% 上昇し、平均 2,043 ドルになりました。

ランキングでカナダよりも良かった国には、スロベニアが含まれます。スロベニアは、生活費が安く、生活の質が高く、ビザと居住許可の障壁が低く、気温が穏やかで、英語が広く話されているためです。

ポルトガルは、手頃な価格、「非常に」高い生活の質、さまざまなビザと居住許可へのアクセスのおかげで 2 位になりました。報告書はまた、「晴れた気候、素晴らしいレストラン、ゆったりとした文化」を称賛しています。

ポルトガルに続いて、エストニアが 3 位にランクされました。生活費の安さ、生活の質の高さ、ビザや居住許可へのアクセスの容易さ、英語が広く話されていること、清潔さと安全性がエストニアの最大の要因として挙げられています。

このリストから外された最大の国はアメリカです。米国は上位 50 位には入りませんでした。家賃、娯楽費、その他の費用を含めて生活費が高額と判断されました。