カナダ大手携帯会社が併合の可能性?

携帯電話のキャリアであるロジャース・コミュニケーションズとショー・コミュニケーションズ社による260 億ドルの合併が成立すれば、通信価格が上昇し低所得層のカナダ人が苦境に立たせられる可能性があるようです。

ダルハウジー大学のラース・オズバーグ氏は、今日のデジタル時代において、携帯電話と接続へのアクセスは食料と同じくらい不可欠であると述べています。

ロジャース・コミュニケーションズはオズバーグ氏の主張に反論。Rogersは、この合併が承認されれば、Connected for Success 有線プログラムをカナダ西部にまで拡大し、低所得のカナダ人に割引価格で高速インターネットとバンドル サービスを提供出来ると主張しています。また、Rogers 氏は、この取引が承認されれば、Connected for Success ワイヤレス プログラムを全国的に導入する計画もあると語りました。

ロジャーズは、年末までに Shaw との取引を完了することを望んでいます。