最新記事 

カルガリー空港からバンフまでの列車、水素動力になるかも!

カルガリー国際空港とバンフ間の水素動力の旅客鉄道路線計画が本格化してきました。

アルバータ州のダニエル・スミス首相は、カルガリー市が 市電を を空港まで延長し、バンフへの鉄道と連携することを検討する用意があると述べました。

スミス氏は、鉄道路線は、カルガリーとカナディアンロッキー間のハイウェイの車両交通量を減らすことにより、安全性を高めながら、インバウンドおよび地元の観光を後押しすると述べました。

「また、この取り組みで水素動力の機関車を利用する可能性にも注目します。これは、排出量を削減し、アルバータ州を水素技術の研究、開発、製造の世界的リーダーになるという政府のビジョンを打ち出します。」とスミス氏は述べています。

カルガリー空港とバンフ間の 鉄道プロジェクトを主導しているリリコン・キャピタル社とプレナリー・アメリカはアルバータのインフラ専門の銀行に提案を提出し、2025 年までに完成したいと考えています。カナダ インフラストラクチャー銀行は、15 億ドルの建設費の半分を負担する予定です。

駅は、カルガリー空港、カルガリーダウンタウン、コクラン、モーリー、キャンモア、バンフに設置される予定です。線路は既存の大陸横断鉄道に沿っており、カルガリー空港からロッキー山脈のターミナルまで 1 日 10 本の列車を走らせる予定です。

オススメの記事