最新記事 

カナダ連邦政府は12月20日から、使い捨てプラスチックの禁止準備を要請

12 月 20 日の時点で、カナダ連邦政府による使い捨てプラスチックの禁止プロセスの次の段階が実施され、ショッピングバッグ、持ち帰り用の食品容器、フォーク・ナイフなどの使い捨てプラスチックの輸入と製造は、カナダでは許可されなくなります。1年の猶予期間が設けられていますが、1年後には完全禁止が発効します。

カルガリーのビジネスオーナーの一部は、使い捨てプラスチックやコンビニ袋が禁止になるまで、まだ 12 か月あることを知っていますが、すでに従来の袋ではなく、生分解性の袋に切り替える過程に入っています。

カルガリー市が行った 2019 年の調査によると、約 350 万個のプラスチック製ショッピング バッグが、数百万個のテイクアウト コンテナーや使い捨てカップとともに、市の埋め立て地に運ばれていることがわかりました。

第 2 区の議員であるワイネス氏は、市は現在、堆肥化可能な茶色のバッグと木材に重点を置いて、使い捨てプラスチックの消費をさらに削減することを目的とした新しい条例発令の段階にあると述べました。

ワイネス氏は「環境問題の解決は、カルガリー市だけの問題ではありませんこれは世界的な問題です」と述べています。

オススメの記事