最新記事 

コロナ後になりつつ世の中。しかしながら、あなたは旅行に行けないかもしれません!その理由は?

オタワ—カナダの空港でのホリデーシーズンが終わった後でも、カナダの飛行機による交通事情はパンデミック前の状態に戻るには何年もかかる可能性があるようです。

ブリティッシュ・コロンビア、オンタリオ、ケベックの悲惨な天候は、カナダ人がクリスマスに家に帰ろうとしている金曜日に大きな打撃を与えました。発着空港両方の地域を襲ったため、ウエストジェットはカナダ3 つの州を横断するフライトのほとんどをキャンセルしました。

トロント、バンクーバー、モントリオールの主要空港で遅延や欠航が相次ぎ、苦労しているのは航空会社だけではありません。全国の小さな空港がより多くの負荷を処理しています。

フレデリクトン国際空港の社長兼 CEO である ギャラント氏は以下のように述べています。

「2022 年秋、YFC のキャパシティはパンデミック前のキャパシティの 71%しかカバー出来ていません。フライトは満席になり、レジャー旅行の需要は堅調、ビジネス旅行者も戻り始め、需要が供給能力を上回っています。」

「カナダ全土のほとんどの地方空港は、パンデミック前のレベルに回復させるという課題に直面しています。2023 年第 1 四半期には、地方空港はパンデミック前の平均 65% しか回復出来ない可能性があります。」

ハリファックス国際空港のスポークスパーソンであるバトソン氏によれば、パンデミック前の航空サービスと乗客数に戻るには、さらに数年かかると予想しています。航空会社のパートナーと緊密に協力して、カナダ全土の既存の直行便サービスを強化していくと予想しています。

オススメの記事