最新記事 

カナダの労働者の約半数が2023年に転職希望

人材紹介会社ロバート・ハーフの新しい世論調査によると、カナダの労働者の半数が 2023 年に新しい仕事を探す計画しているという調査結果を発表しました。これは 1 年前の 2 倍近くに増加しています。

秋に実施された調査では、回答者の 50% が今後 6 か月以内に新しい仕事を探す予定であることがわかりました。

その数は、2021 年 6 月に新しい仕事を探している労働者の約 21% 、1 年前は 28%、6 か月前は 31% と着実に増加しています。 

最新の世論調査によると、転職する可能性が最も高い労働者には、会社に 2 ~ 4 年間勤務している従業員、Z 世代とミレニアル世代、テクノロジー ワーカー、子供を持つ労働者が多く含まれていることが判明ました。また専門職の10 人に 3 人近くが、キャリアを追求するために転職を検討していることもわかりました。  

新しい仕事を探す主な理由には、より高い給与、より良い福利厚生、より多くの昇進の機会、働く時間と場所をより柔軟に選択できることが含まれています。

ロバート・ハーフのカナダおよび南米担当ディレクターであるキング氏は、レイオフや雇用の増加ニュースにもかかわらず、多くのカナダ人労働者は引き続き雇用売り手市場に自信を持っていると語っています。

「需要の高いスキルを持つ専門家は、人材不足で自分が力を発揮できることを知っており、より充実した仕事、高い給与、福利厚生を提供する新しい機会に目を向けています。」

2022 年 12 月のカナダ統計局の最新の雇用データは、金曜日に発表される予定です。

オススメの記事