最新記事 

バンフのバーミリオン湖で魚が大量死!その理由とは?

先週末、パークス・カナダは、湖の水面または氷の下、特に第 2 のバーミリオン湖大量の魚が死んでいると報告を受けました。湖畔には数千の小魚が死亡してのが確認されました。

パークス・カナダのチームが調査したところ、氷の下の酸素レベルが非常に低い事が判明しました。

パークスカナダのテイラー氏によれば漁業管理の世界では、「ウィンターキル」と呼ばれるよく知られた現象であり、珍しい事ではないとの事です。

「1959 年と 1964 年に起きたという記録があります。また、それ以降も同じ現象が発生しているにも関わらず報告はなかった可能性もあります。」

魚が死ぬと、水浸しになって湖の底に沈みます。これは、公園への訪問者が気付く前に魚が沈んだこと、または魚を見た人が公園カナダに報告しなかったことを意味する可能性があります.

寒波によって氷の層が急速に厚くなり、氷が雪で覆われると、太陽光が水に届かなくなり、水中の植物や藻類は酸素の生成を停止。その結果、水中の酸素レベルが急激に低下します。

バンフ近くのヴァーミリオン湖では、おそらく「ウィンターキル」が原因で、何千もの魚が死にました。 Parks Canada 提供の写真。

テイラー氏によれば「死んだ魚のほとんどは氷の下にあり、数万とは言わないまでも、数千匹の魚が死亡している可能性があります。魚の数は一時的に減少するでしょうが、この地域では非常に一般的な現象でそれは自然なプロセスです。」と語りました。

この魚の大量死は、公園内の魚の個体群の長期的な健康に影響しないようです。 魚は自然分解、栄養素を生態系に戻し、来年の植物や魚の成長を促進しますとの事です。

現時点では、パークス カナダのチームは、腐敗した魚がマウンテン・ライオンなど、人間に脅威となる動物を引き寄せる可能性について心配しています。リスクは低いと考えられていますが、特にチヌークや温暖な気候がこの地域により多くの捕食動物をもたらす可能性がある場合、警戒を続ける予定です。

オススメの記事