最新記事 

バンフの駐車場料金値上げ

観光客の有料駐車料金が値上、バンフで働く通勤者に対して有料駐車パスが検討されています。

バンフのディマンノ市長は、訪問者が支払う駐車料金を、夏のピークシーズンには 3 ドルから 5 ドルに、オフシーズンには 2 ドルから 4 ドルへの引き上げを検討していると語りました。

「この値上げは、バンフの混雑の減少とプロジェクトの持続可能な収入を生み出すといういくつかの理由から導き出されました。」とディマンノ市長は述べました。

2021 年 7 月、バンフの町は、年間約 400 万人が訪れる国立公園の町の駐車場の増加と混雑の問題に対処するために、ビジター有料駐車場を導入しました。

有料駐車ゾーンと無料駐車エリアを組み合わせることで、ダウンタウンの駐車場をより頻繁に利用できるようにするインセンティブを生み出すという考えです。

バンフの町のエンジニアリング ディレクターであるエイドリアン フィールド氏は、訪問者の有料駐車場と住宅用駐車許可システムは現在、うまく機能していいると述べました。

しかし、現在のシステムが駐車場の占有率を管理するという点で目標に達していないとも述べています。観光客用の有料駐車場のピーク占有率は2019年の96%から2022年には98%に増加しています。

「料金の増加は、駐車場の回転率を高め、観光客が宿泊してるホテルに車を駐車して徒歩でダウンタウンエリアを訪れる事を促進するのに役立つ可能性があります。これにより、駐車場を探すために駐車場を探し回る車両によって引き起こされる混雑が減少する可能性があります。」とフィールド氏は述べています。

現在の料金体系では、有料駐車場の純収益は 2023 年に 210 万ドル、2024 年に 214 万ドル、2025 年に 217 万ドルになると推定されています。

料金を夏に 5 ドル、冬に 4 ドルに引き上げると、2023 年にはさらに 115 万ドル、2024 年には 172 万ドル、2025 年には 175 万ドルの純収益が得られます。

これまでのところ、駐車場の収益は、Roam サービスの増加、住民向けの運賃無料のローカル Roam ルート、電動自転車のリベート プログラムなどに充てられています。これらの利益は電気バスの購入と、サルファー マウンテンでの専用バスレーンの作成にも使用されています。

さらに、行政は、バンフで働く通勤者向けの月間パス プログラムを作成するためのオプションに対する調査を必要としています。

地方自治体の調査によると、午前 7 時から午前 9 時の間に町に入る車両の 55% (約 550 台) が車の乗員数が 1 人であることがわかりました。これらのドライバーは、無料の長期駐車スペースに駐車していると考えられています。

バンフの議会ではボウ・アベニューとベア・ストリートの駐車場での駐車料金の請求を開始するかどうかを検討しています。議会では町外から通勤する労働者向けの有料月間パスの可能性を探っています。

一方、キャンモア・ジャスパーのピーク時の駐車料金は 3 ドル、カルガリーのダウンタウンでは 1 時間あたり 10 ~ 12 ドルです。コロラド州ベイルでは 1 時間あたり 13 ドルから 40 ドルです。ナイアガラ オン ザ レイクの料金は 1 時間あたり 4.75 ドル、バンフのカスケード プラザは 1 時間あたり 7 ドル、フェアモント バンフ スプリングス ホテルは 1 時間あたり 13 ドルです。

オススメの記事