スクリーンショット 2024 01 21 午後8.21.50最新記事 

カナダの人口増加が引き起こす危機:住宅不足とGDP停滞の背景


カナダは、その移民政策により「人口の罠」に陥っており、国内最大手の銀行の一つが発表した最近の報告書で指摘されています。

この特別報告書は、ナショナルバンクの経済学者ステファン・マリオン氏とアレクサンドラ・デュシャルム氏が共同執筆し、移民は一般的に国の潜在的なGDPに良い影響を与えると考える一方で、「すべての良いことには限界がある」と警告しています。

「人口の罠」という用語は、人口が急速に増加してすべての利用可能な貯蓄が現在の資本労働比率を維持するために使われるため、生活水準の向上が不可能な状況を指すと報告書は述べています。

経済学者たちは、2023年のカナダの人口成長率が3.2%で、経済協力開発機構(OECD)の平均の5倍であることを指摘しました。

このような成長は全10州で見られ、人口増加率がOECD平均の2倍でした。

2023年だけで、カナダの人口は120万人以上増加しました。

デュシャルム氏とマリオン氏は、カナダの年間人口増加は30万人から50万人を超えないようにする必要があると述べ、「人口の罠」現象を「逃れる」ために。

カナダの2024年の永住者目標は48万5千人で、2025年と2026年には新たに50万人の永住者を受け入れることを目指しています。

Screenshot 2024 01 15 at 5.27.44 PM
カナダの人口増加が引き起こす危機:住宅不足とGDP停滞の背景

11月に、連邦政府は「一時的な居住者の受け入れ数を再調整し、移民制度のこの側面が持続可能であることを確保する」と述べました。

一時的居住者の最大のグループの一つは、近年大幅に増加している大学生です。

連邦政府は、カナダの一時的な人口増加を抑制する方法を探っています。

12月、移民・難民・市民権大臣のマーク・ミラー氏は、カナダで学ぶことを希望する国際学生に対する新しい措置を発表しました。月曜日には、連邦政府が国際学生に上限を設けることを検討していると述べました。

報告書では、カナダの人口増加は「経済の吸収能力に対して極端」と記述し、特に住宅供給に関してその影響が顕著だと指摘しています。

カナダの住宅供給不足は、就業年齢人口に入る人1人に対して4.2人に1つの住宅が建設されるという新しい記録的な水準に達していると報告されています。

ナショナルバンクの経済学者たちは、連邦政府が供給を加速するためのプログラムを導入しているにもかかわらず、それらの措置はカナダの急激な人口増加の影響をほとんど相殺していないと主張しています。

彼らは、カナダが住宅建設能力を約70万戸のスタートまで倍増させる必要があると推定していますが、これは「達成不可能な目標」としています。

カナダの住宅供給を増やすことの難しさは、労働力不足にも起因しており、それが建設コストの高騰につながっています。

カナダの全体的な生産性は停滞しており、2020年のパンデミック以来、国のGDPは停滞しています。

国の人口が急速に増加しているため、「私たちは資本労働比率を安定させ、一人当たりのGDPを増加させるための十分な貯蓄がありません」と経済学者たちは述べています。

「現在の人口増加を適切に吸収し、生活水準を向上させるためのインフラと資本ストックがこの国には不足しています」と彼らは結論づけ、この問題の主な解決策はカナダの人口増加を大幅に減速させることであると付け加えました。

Related posts