2023 upper highwood logging map最新記事 

カナナスキスでの森林伐採に反対の声多数

ナナスキスのアッパーハイウッド地域での広範な伐採計画に対する懸念が高まっています

アルバータ州の数千人の住民が、この冬に始まる伐採計画に反対の声を上げています。この計画は、カナナスキス・カントリーのアッパーハイウッド地域で約2,000のフットボールフィールドに相当する森林を伐採することを目的としています。保護活動家や他の関心を持つグループは、スプレーレイクソーミルズ(SLS)の計画が、1,100ヘクタールの敷地、ハイウッド川沿いの一帯を伐採することにより、その地域の環境、野生動物の生息地、そしてレクリエーションに大きな脅威をもたらすと主張しています。

アンバー・トーナーは、2017年に設立されたアッパーハイウッドのための立ち上がり(Take a Stand for the Upper Highwood)という提唱団体の代表であり、「生息地に対する影響に関連する多くの懸念があります。」と述べました。彼女は、伐採がハイウッド川沿いの21キロメートルにわたって行われることにより、アルバータ州の絶滅の危機に瀕している固有の鱒種などの生息地に影響を及ぼすと強調しました。また、この地域はグリズリーベアなど多くの種の生息地でもあります。

こうした懸念に対する反応として、アッパーハイウッドのための立ち上がりは、計画された伐採に反対する1,800通以上のメールを政府関係者に送ることを可能にしました。この手紙では、カナナスキス・カントリー全域でのすべての伐採作業の即時停止と、省とSLSとの間の森林管理協定の徹底的な再評価を求めています。

スプレーレイクソーミルズは、カナナスキスの公有地内の森林の一部の管理のために更新可能な20年間の契約を保持しています。同社は、2001年に設立された森林管理協定の一環であり、アルバータ州の南東の斜面をカバーし、サンドレからKカントリーまで約284,307ヘクタールにわたります。現行の契約期間は2035年までです。

カナナスキス・カントリーは、生態学的な保護区、州立公園、州立レクリエーション地域、野生州立公園、土地利用区、公有および私有地から成る混合使用エリアです。残念なことに、その420,000ヘクタールの地域の約38%は保護が不十分で、伐採や油田・ガスの運用などの資源の抽出に対して脆弱です。これにはアッパーハイウッドの公有地の1,100ヘクタールの敷地も含まれます。

住民と提唱者の両方が、計画された広範な伐採作業と、野生生物、漁業、そしてレクリエーションの機会に対する潜在的な影響について懸念を表明しています。この状況は、この地域での資源抽出と保護活動の調和を図るという持続可能性の課題を浮き彫りにしました。

SLSの森林管理計画は、アルバータ州のクラウンランド内の木材の持続的な管理を概説しており、社会的、経済的、環境的なニーズの調和を目指しています。この計画は、伐採作業に対する視覚的な感度や樹木の年齢など、さまざまな要因を考慮して、適切な伐採エリアを特定するためのものです。

1,100ヘクタールの敷地の伐採は、2年間にわたって行われる予定であり、道路工事と2023年に計画されている伐採作業の半分未満が含まれます。木材の大部分の伐採は、次の秋と冬のシーズンに行われる予定です。アルバータ州の再造林法では、すべての伐採された森林は2年以内に再生されることが義務付けられており、SLSはその義務を果たすことを確約しています。道路の回復作業も同社のリメディエーション作業の一部です。

それにもかかわらず、住民や提唱者の間で懸念は引き続き存在し、広範な伐採作業が住民が地域の保護活動を支援するために貢献しているカナナスキス保護パスの元々の意図と矛盾していると考えている人々もいます。

Related posts