20230817110828 64de3cff4152ecb38c57caecjpeg最新記事 

フレア・エアライン、パイロットのトレーニング時間短縮に動く

ノースアメリカでのパイロット不足に直面して、カナダのディスカウント航空会社であるフレアエアラインズは、会社のジェット機のコクピットに候補者を迅速に導入するユニークなトレーニングプログラムを立ち上げる予定です。

このエドモントン拠点の航空会社は、新しいエアラインパイロットトレーニングプログラムを提供し、オンタリオ州コリングウッドのジェネシスフライトカレッジと提携して実施すると発表しました。このプログラムにより、カナダで新しいパイロットが大型商業ジェットを飛行する仕事を得るまでの時間が大幅に短縮されます。

候補者は、以前の飛行経験がなく、18ヶ月後にはフレアエアラインズのボーイング737 MAX機の副操縦士になる資格を取得することができると、同社は木曜日に発表しました。

同社のCEOスティーブン・ジョーンズは、インタビューで「私たちがこれを行っているのは、実際には将来の成長に備えています。…長期的な業界展望を考えると、(パイロット)不足が起こる可能性があります。」と述べました。

パイロット不足は、高齢化する労働人口と新しいディスカウント航空会社の急速な増加など、さまざまな要因により、数年にわたって大陸全体で悪化しています。このディスカウント航空会社の1つがフレアエアラインズ自体であり、2021年初めにはたった3機の航空機しかなかったが、現在は21機のボーイング737を保有し、カナダ、アメリカ、メキシコを含む30以上の都市へのサービスを提供しています。

しかし、COVID-19パンデミックは航空会社の既存の労働課題を悪化させ、全国中でパイロットトレーニングを遅延し、中断させると同時に、他の安定した職場を求めて経験豊富なパイロットが業界を去る要因ともなりました。

国際コンサルティングファームのオリバー・ワイマンによれば、北米の航空業界は2032年までに3万人のパイロット不足になる可能性があると推定しています。

フレアのパイロットトレーニングマネージャーであるグレイ・クーパーは、「それは私の意見では、まさに我々が望むもの、方法でターゲットを絞ったトレーニングを導入する絶好の機会です。それによってパイロットの品質が向上します。」と述べました。

トランスポートカナダの規制では、航空運送パイロットライセンスを取得するためには少なくとも250時間の飛行時間が必要ですが、伝統的に、主要な航空会社で採用されるほとんどのパイロットはそれ以上の経験を持っていました。

実際、クーパーは商業パイロットは通常、大型ジェット機に乗る前に地域や北部の航路で小型機を数年間飛ばしていたと述べました。

「航空会社のパイロットの供給が需要を上回っていました。機会を得るまで何年も小型機に乗っている可能性がありました」と彼は語りました。

しかし、パイロットの確保がますます難しくなるにつれて、航空会社は経験が少ない人材を採用し始めており、かつて航空ジェットパイロットとして採用されるために5年または10年かかっていた人々も、今では小型機を2年飛ばしただけでも採用されることがあるとクーパーは説明しています。

彼は、フレアのプログラムがトランスポートカナダの規制要件をすべて満たし、トレーニングと安全に関する最高の業界基準に従うことを追加で述べました。フレアは、プログラムに入る前に応募者を適性と能力で予備審査し、最新のバーチャルリアリティツールとフライトシミュレータを取り入れるためにテクノロジー企業CTS Aeroと提携しています。

フレアは、2024年1月に最初の10人の志願パイロットのコホートを受け入れる予定です。

プログラムに受け入れられた学生は、航空会社との条件付きの雇用提供を受け、卒業後直接航空会社に移行します。

Related posts