green line最新記事 

カルガリーに新たな市電路線、来年着工


メジャーな建設プロジェクトであるグリーンラインの主要な建設が来年開始予定です。この交通プロジェクトは、カルガリーの歴史上最大のインフラ投資で、価格は55億カナダドルです。土地の取得が終了し、建設プロセスが始まる前に南部区間の土地取得が完了に近づいています。

このプロジェクトに関与するすべての人と、都市の成長に取り組んでいる人々にとって良いニュースです。グリーンラインのCEOであるダーシュプリート・バッティは、Daily Hive Urbanizedに対して、次のように述べています。

「都市が成長し、カルガリーのように大きな飛躍を遂げる段階では、人々が好きな場所で生活し、都市内を自由に移動できるようにするために、すべての種類の優れたインフラ投資を行う必要があることが証明されています。」

プロジェクトの第一フェーズの主要な建設工事は、2024年に着工予定で、サイズの大きな他のプロジェクトを基に、開発段階でスケジュールが決定されますが、約5〜6年かかる見込みです。

第一フェーズでは、南東カルガリーからダウンタウンコアへの接続が行われ、既存のLRT(ライトレールトランジット)およびMAX BRT(バスラピッドトランジット)ルートに組み込まれます。13の駅、18kmのLRTトラック、Shepard、Douglas Glen、Lynnwood/Millican駅の3つの駐車場施設、26番街SE駅とRamsay/Inglewood駅の間に1kmの高架トラックが建設されます。また、ベルトラインとダウンタウンの地下に2kmのトンネル、およびElbow River、Bow River、Deerfoot Trail、Blackfoot Trailを跨ぐ4つのLRT橋梁構造、1つのLRT車両保管施設も建設されます。

このプロジェクトは、カルガリーの住宅不足や住宅価格の問題を解決するために、公共交通機関の整備が重要であることを示唆しています。

Related posts