20230918150952 ae3dd100e476500dff0a54dd602ed2291e061a6cbade75295548899ea138f3d6最新記事 

トルドー首相、ベル・メディアの大量解雇に猛烈な批判!カナダのジャーナリズムの未来は?

カナダのジャスティン・トルドー首相が、ベル・メディアによる近日発表された約5,000人の従業員解雇計画に対し、強い不満を示しました。首相はこの決定を「無責任」と断じ、「企業としてより良い判断ができたはずだ」と述べました。

BCE Inc.の社長兼CEO、ミルコ・ビビック氏による公開書簡で、同社の総労働力の9%にあたる4,800人の職が削減されると発表されました。また、同社は45のラジオ局を売却する予定です。

「再編決定は我々にとって非常に困難で、大切な同僚に影響を及ぼします」とビビック氏は記しました。

カナダの報道機関であるデイリー・ハイブによると、CTVナショナルニュースの数名の主要レポーターがこの解雇の影響を受けたことが確認されました。また、カルガリー、エドモントン、バンクーバーでのCTVの昼間および週末のニュース番組が閉鎖されました。

トルドー首相は、カナダのジャーナリズム、特に地元の質の高いジャーナリズムが危機に瀕していると指摘し、「これは我々の民主主義を侵食している」と警鐘を鳴らしました。

この決定には、他の政治家も失望の声を上げており、ブリティッシュコロンビア州のデイビッド・イービー首相は「非難すべき」、「驚くべき」決定であると表現しました。元CTVナショナルニュースのアンカー、リサ・ラフラムも解雇に関してコメントを寄せ、仕事を失った人々との連帯を表明しました。

Related posts