Document scaled最新記事 

変貌を遂げるバンフ、鉄道用地が多様な交通のハブへ

2023年12月11日、バンフ町議会は、Norquay/Liriconによって提案された鉄道用地区域再開発計画(ARP)の第一段階として、条例の初読会を行いました。この手続きは、提案された計画に対する公式の支持を示すものではなく、詳細な検討を開始するためのものです。この再開発計画は、2023年9月29日にバンフ町に提出され、技術資料と公開協議の報告書が付随しています。

提案内容は、鉄道用地を、歴史、環境、社会的文脈に敬意を払いつつ、多様な交通手段が集まる活気ある地区に変えることを目指しています。歴史的な鉄道駅の建物の修復や、新たな公共空間の創出が計画に含まれています。また、低炭素で気候変動に強いインフラの構築や、フェンランド-インディアングラウンド野生動物回廊の向上を目標としています。2024年初頭に予定されているアンケート調査やワークショップ、フォーカスグループによる意見収集を経て、3月20日に公聴会が開かれる予定です。

ARPは、アルバータ州の自治体政府法およびカナダ政府とアルバータ州とのバンフ町設立協定に基づき、町議会によって採択される法的計画です。再開発が必要とされる開発済みエリアの再開発を指導し、将来の公共および民間投資の枠組みを提供し、今後の土地利用条例改正と開発許可申請の審査を支援します。

この計画の中心には、カナダの鉄道観光の重要な部分であり、国の最初の横断鉄道リンクの一部であるバンフ鉄道駅が位置しています。計画は、歴史的鉄道駅とその周囲の土地を含む17.4ヘクタールのエリアをカバーし、バンフコミュニティプラン、国立公園法、バンフ国立公園管理計画と整合しています。

ARPには、土地利用、サイト構造、都市デザイン、移動性、インフラ、環境配慮、鉄道遺産、文化政策などを詳細に説明する10のセクションが含まれています。コミュニティの参加がARP開発プロセスの重要な部分であり、Liricon Capital/Norquay Mystic Ridge Ltd.は計画の目的と提案に関するフィードバックを集めるための協議を実施しています。

この計画が町議会で承認され、パークスカナダの最終的な承認を受けるプロセスには、複数回の審議、公聴会が含まれます。この計画は、商業成長の管理、環境および野生動物の生息地の保護、カナダの国立公園および鉄道観光の歴史におけるこの地域の重要性を認識するという町の目標に沿ったものです。

Related posts