20230411 oh bento closing jh 0002最新記事 

バンフ町、レクリエーションセンターのOh Bento追い出すも引き継ぎ希望者なし。

Fenlandsレクリエーションセンターのフードコートは、バンフ町によって一時的に直接運営されることになりました。

今年、二度の入札が不成功に終わった後、新しい事業者が見つかるまで、町は少なくとも3月まで、冬の繁忙期を通じてレクセンターでの食事やドリンクのサービスを提供するための小さな専門チームを雇用する予定です。

役人によれば、この冬、施設利用者に食品や飲料サービスを提供するためのパートタイムスタッフを雇用するフードコートのスーパーバイザーに加えて、町も自動販売機を導入しているとのことです。

「この中間策は、運営予算に負の影響を与えることはないと経営陣は判断しており、この変更を新たなサービスとしてではなく、今シーズンにサービスを提供する方法としての変更と見なしています」と、バンフ町のコミュニティサービスディレクター、Alison Gerrits氏は述べています。

過去の業者であるOh Bento & Pizzaは、新しいリース契約の条件が厳しすぎるとの懸念から、リースの更新を正式に申し込むことはありませんでした。しかし、町の関係者は、レクセンターにフードコートが存在することが地域社会の期待であると指摘しています。

バンフ町は、Oh Bentoのリースが2023年9月に終了するため、今年2回の公開入札を行いました。新しい入札要件には、健康的な食事やドリンクの選択肢、自動販売サービス、アルコール販売などが含まれていました。

Gerrits氏によれば、カルガリーのビジネスが一つだけ入札に関心を示したものの、高い労働コストや配達やオフサイトでのケータリングサービスが提供できないため、この機会は収益性が低いと結論付けたという。

「主なフィードバックとして、労働コストの高さや、Fenlandsでの食品・飲料の配達やオフサイトのケータリングサービスが許可されていないことに関連する制約が挙げられました」と彼女はコメントしています。

Darren Enns氏、計画および環境部門のディレクターは、公共サービスの土地利用区域で、例えばバンフレジオンやバンフメソニックホールのような場所で、配達やオフサイトでのケータリングは許可されていないと指摘しました。

「商業的に制約のあるコミュニティであるバンフにおいて、商業的成長の管理は非常に重要です」と彼はコメントしました。

「私たちは常に、公共サービスの土地利用区域で商業開発を許可することで、商業成長の原則を侵害したくないと考えていました」。

バンフ町からのフードコート収益には、過去数年間の収益が含まれています。COVID-19の影響を受けた2020年を除き、毎年の収益が示されています。

Related posts