フレア空港、カナダ存続の危機脱出

連邦規制当局が格安航空会社「フレア航空会社」はカナダでの運行が問題ないと認められました。

フレア航空は2004年にチャーター航空会社として発足し、2018年に定期便の提供を開始しました。

法律では、外国の事業体によって49%を超えるカナダの航空会社の所有権は認められていません。カナダ運輸法は、外国の投資家が4分の1を超える航空会社を所有したり、その航空会社を管理したりすることはできないと定めています。

これにより、「Flair航空」とマイアミを拠点とする投資家「777Partners」との関係が問題となっていました。

3月の予備決定で、カナダ運輸局は、フレア航空がカナダ人によって「実際に管理されていない」可能性があることを発見し、777パートナーが航空会社に対して「支配的な」影響力を持っていると述べました。

過去1年半の間、フレア航空会社は成長モードにあり、低コストで低コストを求める旅行者がより多くのニーズを要求しているため、今後5年以内に航空機を50機に拡大したいと公言していました。

しかし、カナダ運輸局は、フレア航空がカナダの航空会社の外国人所有に関する規則に準拠しているかどうかに疑いを持っていました。

今回の運輸局による調査では、フレア航空は取締役の少なくとも半数がカナダ人になるように取締役会の構成を再調整し、さらに、777パートナーが独自の株主権を持たないと判断されました。

運輸局によれば、Flairは事業が黒字化されることも実証しており、今後777に財政的に依存する懸念を緩和しています。

カナダ運輸局は、フレア航空が777パートナーに負っている債務を借り換え、「777パートナー」がフレアに影響を与える能力を大幅に軽減すると述べました。

3月、エアカナダとウエストジェットは、カナダ運輸大臣にフレアの免除要求を拒否するよう呼びかけ、今回の運輸省の決定が「厄介な前例」になると警告しました。

しかし運輸大臣は、フレア航空受け入れは業界に自然競争をもたらすと示唆しました。