20231122 mini thni nes school closed due to illness jh 0003最新記事 

先住民居留地の「ミニ・スニ学校」、病気で閉鎖

ストーニー教育機関は、生徒やスタッフの病気が原因で、今週ミニ・スニの学校を閉鎖しました。ナコダ小学校とミニ・スニ・コミュニティスクールは、水曜日(11月22日)から金曜日(11月24日)までの間、閉鎖されます。学校側は、多くのスタッフと生徒が病気になったため、この決定を下しました。

ストーニー保健サービスのCEOアーロン・カーン氏によると、風邪やインフルエンザのような症状が原因で、この措置が取られました。「学校に来ていた子どもたちの中には、看護師に診てもらった後、家に帰されるケースもありました。この決定は、コミュニティの利益に基づいています」とカーン氏は述べています。

カーン氏は、住宅の問題があり、家が少なく、過密状態が続いているため、病気が迅速に広がる可能性があることにも注意を促しています。しばしば同じ家庭に複数世代が住んでいるため、これは予防策としての閉鎖です。

ストーニー教育機関は、ナコダ緊急管理とストーニー保健からの勧告に基づいて学校を閉鎖すると述べています。また、月曜日(11月27日)に再開する前に、学校は清掃され、徹底的に消毒される予定です。

「これからは、風邪やインフルエンザの症状があるスタッフや生徒には、学校コミュニティを守るために家にいてください」と学校側は通知しています。

Related posts